第17回NBC会員交流サッカー大会in上越

6月4日(日)早朝、小雨降る南魚沼を出発し、第17回NBC会員交流サッカー大会に参加しました。

メイン会場の柿崎総合運動公園にて開会式。気持ちの良い青空が広がっています。

 

開会式後、試合会場となる大和ハウス新潟工場サッカー場へ移動し、試合に備えます。

 

試合の合間に議案確認中の新潟ブロック協議会 青木委員長。試合でも大活躍でした!

 

富所キャプテンからメンバーへポジションの確認&指導。

 

開始直前にも作戦会議。

 

 

いよいよ試合開始です!

雪国JCは予選リーグのグループE。全3試合で前後半5分。

交代要員は2名!ハードですね。

 

 

試合中は外から監督兼控えメンバーからの応援。

山岸監事は拡声器を準備。茶目っ気たっぷりな声掛けでチームに元気と笑顔をくれます。

 

大平理事長&上村監事の同級生コンビ。同じく同級生のキャプテンへ愛情たっぷりの激励が。

その声が届いたのか、直後にゴールが決まりました!!

 

キャプテンの意気込みとして、「試合終了のホイッスルが鳴るその『瞬間』までチーム一丸となって挑みます!」というコメントがありました。

結果は、1勝2敗で予選リーグ敗退となってしまいましたが、晴天の下、言葉通りチーム一丸となって試合に臨むことができ、さらなる結束につながったように思います。

入会後初の会員交流大会に参加してくれた桑原くん、三国から早朝駆けつけてくれた綿貫くん、試合後に体のあちこちが痛いといっていたメンバーの皆さん、一日お疲れ様でした!!

そして、上越青年会議所の皆さま大変お世話になりました。ありがとうございました!

 

 

開会式にて準備運動を担当していた方々と記念に一枚。

 

 

 

 

【記事】総務委員会 渡邊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です