11月例会事業「雪国経済投資塾 報告会」

2018年 11月 6日(火)

お久しぶりでございます。約半年ぶりに、はばたかせていただきます。冬本番間近、寒さが一層増すひと肌恋しい季節。「未来へはばたく!インベスト委員会」11月例会事業開催しました。

5月の例会事業にて、地元を代表する某有名企業6社を各グループにて模擬投資させていただきました。約半年経ち、その経過と株価変動を委員会メンバー各社徹底的に分析し、自身の考察も踏まえ発表させていただきました。

最後の委員会事業を前に、やや緊張気味な岡村委員長。無事に最後まで思いを伝えられれば・・・

報告会の数珠つなぎが始まりました、委員会メンバー選定した企業様をチャートをもとに分析し、上昇、下降の理由を調べた結果を発表しました。メンバー各位選定理由は様々で、好みであったり、社長の人柄、ブランド力、ネームバリュー、配当の利回り、優待などの判断材料で選んでいました。実際に投資したとして、たった半年でありましたが、ひも解くと経済の影響、会社で起こるドラマの数々、株価の上下の背景はとても深いことがわかりました。モデル企業の皆様、勝手にいろいろすいません、ありがとうございました。今度実際に、投資させていただきます。

雪国JCのBIG3にもエールをいただき、

無事に報告会を終えることが出来ました。

我々、インベスト(投資するという意味です)委員会、この1年「投資を通じて経済そして地域を活性化していこう!」をテーマに投資について勉強してまいりました。お題が難しいだけに、委員長ともども四苦八苦しましたが、「人財に投資する。」という裏テーマがあったことに気づき、理事長の想いと、自分たちのやってきたことが最後で結ばれたんではないかと感じた1日でした。今回でメンバーにきちんと報告できたかどうかは、検証を重ねます。今後もこの委員会で学んだことを、生かし投資しつけることを宣言して報告会とさせていただきます。1年間「未来へはばたく!インベスト委員会」を支え協力していただきましてありがとうございました。まだまだ、はばたきますので、温かい目でよろしくお願いします。

記事:未来へはばたく!インベスト委員会 八木

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です