4月例会事業「雪国の底上げ運動計画」のご報告

4月23日(火) 総務委員会2回目の事業である「雪国の底上げ運動計画」を雪国青年会議所事務局内にて行いました。

 

青木理事長挨拶

上原直前理事長挨拶

 

高橋委員長より委員会事業について趣旨説明の後、

事業前に日本青年会議所「SDGs推進宣言」に伴い、各事業でSDGsの活用ができるよう松井理事よりSDGsについての説明を行いました。

続きまして副委員長板橋より、ブルーノート記載の運用規則を中心に内容の説明を行いました。

 

そしていよいよ4月のメイン事業である「行動計画書」の作成を行いました。

この行動計画書とは、メンバー1人1人に半年後の大きな目標と5月~10月までの各月ごとの目標を設定していただき、自己評価をして報告するための計画書です。

本事業の目的である、能動的であり行動することで知識を得ることができるように計画書に各自記入していただきました。

皆さん半年後の自分を想像しながら真剣に事業に取り組んでいました。

こちらの計画書は事務局内に貼りだしを行い、皆が見られるようにすることでお互いに切磋琢磨しいつでも確認できるようにしました。

 

大平監事より監事講評

 

5月より各自目標設定したものについて行動し、報告検証していきます。

目標設定をし、行動し、検証するという機会はなかなか少ないと思います。

その中、本事業を通じて雪国青年会議所全体の底上げができるように総務委員会が中心となってフォローを行っていきます。

当日は、多くの会員メンバーの方にお集まりいただき、ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です