3月例会事業「夢の教室」~ 夢の力を信じる!ゆきぐに授業 ~

子どもたちに「夢を持つことの素晴らしさ」、「失敗や挫折に負けない心の強さ」を伝えるために、(公財)日本サッカー協会様をお招きし、『JFAこころのプロジェクト「夢の教室」』を南魚沼郡・湯沢小学校にて開催しました。

※JFAこころのプロジェクト

3月8日は、事前説明会ということで、JFA顧問である手島秀人様より「夢の教室」設立に至る背景や青年会議所とのご縁について、「夢先生」となる大島めぐみ様からは翌日の授業についての想いなどお話いただきました。

 

上原理事長挨拶

初の例会事業で緊張の面持ちの富所委員長

顧問の手島 秀人 様

初めて地方の自治体で「夢の教室」を行ったのも、(一社)長岡青年会議所様のお声掛けがあったそうです。長岡JC様は私たちのスポンサーLOMでもあることから、何か不思議なご縁を感じます^^

元オリンピック女子長距離走・日本代表の大島めぐみ様

湯沢町での開催となることから、湯沢町 島村教育長、そして今後は南魚沼市でも開催したいという想いから、南魚沼市 林茂男市長にもご臨席いただきました。

湯沢教育長 島村 文男 様

南魚沼市長 林 茂男 様

ご多用中のなか、ご参加いただき誠にありがとうございました。

3月9日授業当日は、上原理事長の母校、湯沢小学校の5年生の授業時間をお借りし、「夢の教室」を開催しました。

入口にはお出迎えの看板が!こういうのは非常に嬉しいですね☆

前半は体育館にて、アシスタントである安永聡太郎先生(ヤスさん)とのゲームの時間。身体を動かしながらコミュニケーションをとり、クラスが1つにならないとクリアできないようなゲームを行います。少し緊張気味だった子どもたちと、あっという間に距離を縮め、体育館に笑顔と笑い声が飛び交っていました☆

後半は教室に戻り、大島めぐみ先生(めぐみ先生)の夢の授業。「オリンピックに出る」という夢を抱く前から夢の実現までをめぐみ先生の実体験、当時の心境などを交えて子どもたちに伝えます。授業風景を見ていて、私語をしたり、眠そうにしている子どもたちが1人も居なかったのには驚きました。『夢』を実現させた先生の話だからこそ子どもたちにも響き、引き寄せられたのではないかと思います。

5年1組の掲示板に「考えて・行動する」という言葉を加えるめぐみ先生。

『夢』の実現には、一直線な道など決して無く、紆余曲折するなかで諦めずに努力し続けた人が『夢』を実現できるということを忘れず、湯沢小学校5年生の全員が将来『夢』を実現させてくれること、そして「夢の教室」を南魚沼市でも開催し、多くの『夢』が生まれること願っています☆

記事:夢の力確信委員会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です