コロナ差別ゼロ共同宣言

我々の住む、南魚沼市・湯沢町からコロナ差別・偏見をなくすために、私たち、(一社)雪国青年会議所は多くの賛同者をに理解とご協力を頂き、「コロナ差別ゼロ共同宣言」を作成しました。この宣言は、新型コロナウイルス感染症関係者がいわれのない差別や誹謗中傷で苦しむことがないよう、南魚沼市・湯沢町が一丸となってこの難局を乗り越えるための決意を示すものです。

全国的に新型コロナウイルス感染症拡大が長期化し、人々の不安や恐怖が広がっています。 そんな中、誤った情報収集や誤解・偏見により、感染者や感染リスクの高い医療従事者、 また、その家族等が不当な扱い(差別やいじめなどの人権侵害)を受けるようなことが あってはなりません。 今こそ、私たち市民一人ひとりが互いの立場に立ち、思いやりの心を持って支えあう時です。 この事態に対応しているすべての方々に敬意と感謝を忘れず、市民一丸となって、この難局を乗り越えていきましょう。

2020年 12月 10日(木)  南魚沼市役所を訪問し、林 茂男市長立会いのもと、南魚沼市よりご賛同いただきました。「コロナ差別ゼロ共同宣言」を多くの方に知っていただけるように発信するとのお言葉を頂きました。ありがとうございました。

2020年 12月 15日(火)  湯沢町役場を訪問し、田村 正幸町長立会いのもと、湯沢町よりご賛同いただきました。湯沢町もコロナ差別ゼロに全力で取り組むとの熱いお言葉を頂きましたありがとうございました。

我々、(一社)雪国青年会議所は、コロナ禍でも、歩みを止めず、ウイルスに打ち勝つために何ができ、何が必要とされているかを真剣に議論し活動をしていきます。ご賛同いただきました多くの団体の皆様に感謝を申し上げ報告とさせていただきますありがとうございました。

記事:雪国スポーツ委員会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です