2021年度 第12回理事会

12月8日(水)に2021年度第12回理事会が開催されました。

今年度最後の理事会となります。

本会議では各事業の決算報告が上程され、各委員長が今年の感想を述べ次年度への想いと抱負を述べられました。

雪国2040委員会 山田委員長
ゆきぐに笑楽委員会 田鍋委員長
40周年実行委員会 須藤実行委員長

審議上程された全ての事業決算が満場一致で承認されました。

今年度最後の監事講評となった髙橋監事

昨年度に引き続き、今年度もコロナウィルスの影響を受けて計画した事業の半分も出来ませんでした。計画して中止の繰り返しの中、各メンバーの想いは様々であったかと思いますが、学び舎という青年会議所の精神は企画する事に意味があると改めて感じる事が出来た年でもあったと感じます。

次年度は更に少数での活動になります。コロナウィルスの情勢も落ち着いているとは言えないかもしれません。それでも、我々に出来る事は必ずあるはずです。自分自身の成長の為、地域の為、会社の為、想いはそれぞれかもしれませんが、メンバー全員が同じ方向を向いて邁進する事で来年の今頃は充実感に溢れているはずです。

活動期間が40歳までという青年会議所の活動に参加できる喜びは今しかありません。限られたこの時間を大切に素晴らしい時間を仲間と過ごしていきましょう。

2021年度の青年会議所の活動をご支援いただいた皆様、本当にありがとうございました。

2021年度の青年会議所の活動を共に行なってきたメンバーのみんな、感動を本当にありがとう!

そして、2022年度の雪国青年会議所もよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。