【(一社)南魚沼市まちづくり推進機構 MMDO】クラウドファンディングを活用した商品開発・販路開拓支援事業説明会/事業紹介

ふるさと共創委員会では今年一年、地域の中でどんな団体がどのような想いでどういった活動をしているのかを調査取りまとめしていきます。

その中で実際に足を運んだ他団体の事業をこのブログにUPさせていただき、雪国JCメンバー及びブログを見ていただいている方々に地域で行われている様々な活動を紹介していきたいと思います。


7月19日、南魚沼市兼続公まつりで賑わう中、(一社)南魚沼市まちづくり推進機構様による「クラウドファンディングを活用した商品開発・販路開拓支援事業説明会」が行われました。

クラウドファンディングは数年前から日本でも注目されている仕組みであり、ちょうど今年の例会でもとりあげたところで非常に興味深かったです。

今回説明会にいらっしゃっていたクラウドファンディング事業者は「ミュージックセキュリティーズ」様。

セキュリテ】というクラウドファンディングサイトを運営されています。

正直初めて聞きました。

Ready forFAAVOなどのボランティア活動、非営利事業に特化した寄付型・購入型のサービスはJC活動の中でもよく目にしていましたが、この「セキュリテ」は出資者への分配が前提となる営利事業のための投資型クラウドファンディングです。

本事業の概要をざっくり言うと、「地域資源を有効活用した尖った商品開発・販売のための資金をリスクの少ないクラウドファンディング(セキュリテ)で集めましょう。ファンド組成のための初期費用は南魚沼市が支援し、また事業PRに協力します。」というものです。

事業計画さえしっかりしていれば資金使途は非常に自由で、様々な業種で活用できます。

“投資型”ということで、出資者の一番の目的はお金儲けだと思っていたのですが、説明を聞くと「事業の仕組みや商品コンセプトに共感し、事業者を応援したいから」という理由で出資される方が圧倒的に多いそうで、事業者のファン、地域のファンを獲得するという面でクラウドファンディングの良いところだと感じました。

まちづくりには非営利のボランティア活動も当然必要ですが、素早く大きくヒトを動かすには地域を引っ張る民間企業への投資も重要になってきます。

本事業への応募期間は平成29年7月31日で非常にタイトなスケジュールですが、2次募集3次募集もあるかと思いますので、ぜひチャレンジしてみてください。

また、興味の有る方は個人投資家として全国で頑張っている企業家を応援してみましょう!

ふるさと共創委員会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です